サラリーマンが10年間ブログを続けられるか

普通のサラリーマンがいろいろやってみたい。

RCIの使い方

オシレーターの注意

オシレーターはレンジ相場に強い、トレンド相場に弱い

使用方法としては、レンジ相場になっていることを確認し、RCIを使う、逆張りを狙う

・レンジ相場は順張り、移動平均線を使う

 

環境認識が大事

ASCTrendの特徴

・レンジ相場が弱い、レンジ相場に入ると、サインの出現頻度が一気に増えてダマシシグナルが連発するのがASCTrendの大きな弱点と言えます。

ASCTrendはレンジ相場に弱い・・・。

逆に言えば、レンジ相場を避けて、トレンド発生中にトレンド方向にのみ仕掛けてやればASCTrendは無敵になります。

そこで様々なアイディアからASCTrendのシグナルが出る条件をフィルタリング(制御)して、勝てるところだけでサインが出るようなインジケーターを比較しました。

ボリバンを使ったフィルタリングが良い結果となったので、「これに100EMAのフィルターを加えたら更に精度が上がるんじゃないか?」と考えてシグナルを作りました。

条件は以下の通りです。

  • 価格が100EMAより上で、ボリバンの-1σを跨ぐ足にASCTrendのロングが出たら買いのサイン
  • 価格が100EMAより下で、ボリバンの+1σを跨ぐ足にASCTrendのショートが出たら売りのサイン

チャートに示すと以下のようになります。

 

RCI移動平均線をオシレートするというのが、RCIの適切な見方である

  • 赤色のRCI(52)は、赤色のSMA(20)をオシレートしている
  • 青色のRCI(26)は、青色のSMA(10)をオシレートしている
  • 黒色のRCI(9)は、価格(終値)推移そのものをオシレートしている

面白い記事

zuu.co.jp

私は最近、RCIを極めたいと思っていましたが、やはり自分には合わないかなと少し迷っています。FXの手法は無尽蔵にありますが、私はやはりライントレードをメイン手法でいきたいですね。RCIもいいですが、補助手法で使えるようにもう少し検討しましょうか。

 

再度自分に確認します。

・レンジ相場

・トレード相場

GBP/USD分析

GBP/USDの日足

f:id:SuperniceFreedom:20211004135829p:plain

日足

日足は水平線のブレイクアウト、リバーサル現在再び水平線にレジスタンスになり、

調整相場にはいるところ。これから、下落相場になるか、水平線に再度上昇するか要注意。ユーロドルと違って、水平線ブレイクアウト後、大きく下落している、損切のストップ刈が終わった可能性がある。買いエントリで相場が戻されている。

 

f:id:SuperniceFreedom:20211004140527p:plain

H4足

H4足では上側にひげがり、調整相場に入っている。もうすこし様子見。

 

f:id:SuperniceFreedom:20211004140806p:plain

H1足

H1足ではダブルトップになっている。

f:id:SuperniceFreedom:20211004141248p:plain

H1足

赤い線のところで注文、損切が集中していると思われる。ショート相場かな?

上位足は下落トレンドのため、順張りを検討、上側の水平線を抜けなかったら、ショートエントリを検討、上側の水平線のブレイクアウトもダマシの可能性があり。

今は調整相場に入っている、基本待ち。

 

EURUSD分析

EUR/USDの分析

f:id:SuperniceFreedom:20211004105133p:plain

日足

日足では1.16100の水平線をブレイクアウト、下降トレンド。長く続いたレンジを下落するか、要観察。水平線をブレイクアウトしたばかり、ダマシで水平線へ戻るか、このまま下落するか。要注意。

f:id:SuperniceFreedom:20211004112031p:plain

H4足

H4足ではリバーサル水平線のブレイクアウト後、再度上昇し、今度は水平線にレジスタンスされて、レンジになっている。

 

観点を変え、少し考えました:今まで、日足のトレンドをみて、ラインをブレイクアウトしたから、これから下落相場になると思っていることが多かった。しかし、もし、この水平線を参考に、今まで買いのポジションが多くて、水平線の下に損切の注文が残っていると考えられる。水平線がブレイクアウトされた場合、2重の圧力により、つまり、売りの損切とショートエントリの影響でトレンドはもっと下落する、が、現在は

下落が少し発生しているが、買い戻されている。つまり、ロングポジションの損切はない、基本はショートポジションが多いことが予想できる。それでは、水平線のブレイクアウトされる前の急落相場からもっと上へ戻る可能性も大きいかも。

 

f:id:SuperniceFreedom:20211004115348p:plain

H4足急落

H4ではこの明日の急落は上側の水平線のブレイクアウト時、損切をエントリの2重圧力で急落した可能性があると思います。下側の水平線の下の損切注文はすでに解消された可能性があり。単純に下落相場のの可能性がある

 

H1足ではレンジ相場になっている。レンジ相場は逆張りが基本。ただし、レンジの両端でしかエントリしないように。

f:id:SuperniceFreedom:20211004141644p:plain

H1足

 

2021年9月23日 トレードメモ

本日の日本時間3時アメリカのFOMCがありました。

 

まずはUSD/JPY

OANDAのオーダーブックを使ってみます。H1足

相場が大きく動いたので、現在はオーダーが少ないが、買いと売りのポジションが大きく、少し上が買いのポジションが多い

f:id:SuperniceFreedom:20210923083624p:plain

USD/JPY H1

H4足の場合

f:id:SuperniceFreedom:20210923085206p:plain

USD/JPY H4

f:id:SuperniceFreedom:20210923090624p:plain

USD/JPY H4

H4でわかるように、長い間レンジ相場になっている。レジスタンスラインから見ると少し上にレジスタンスラインがあり、そこまでの上昇後、反転か、そのまま上へ抜けるか。上へブレイクアウトの可能性が少ない。

今日は焼売を作る

今日のレシピ

シュウマイ

・豚ひき肉

・コーン

・グリーンビーン

・人参

・椎茸

・もち米

・餃子の皮

 

下準備

・持ちこめを炊飯器で炊く:水の量を少し少な目

・人参を小さく切り、

・椎茸を小刻み

 

作り方

・豚ひき肉を炒め、豚肉が色が変わり、濃口醤油、中華みそで味付け

 さらに炒め、肉のうまみが引き立てる

・人参、椎茸を入れ、炒め、オイスターソースか中華みそで味を整える。

・炊けたもち米ごはんを入れる

・よく混ぜる。

・餃子の皮で包む。

・グリーンビーンズを上に乗せる

・10分ほど蒸す。

 

完成